自己破産の費用いくら.com

MENU

自己破産の費用いくら.com

積み重なった借金を返済しきれなくて、ついに自己破産することを決意した時に、頭を抱えてしまう問題が自己破産をするために必要な費用の捻出でしょう。
自己破産は、個人で申し立てを行い、手続きを進めることで費用を節約することは可能です。
しかし、債務整理の中でも最も難しいとされる自己破産手続きを個人で進めた場合、確実に免責許可がおりるとは限りません。また専門知識が必要となるため、個人で行うことは難しいのが実情です。
ですので、多くの方が弁護士などの専門家に依頼をしています。
その際にかかる費用の相場は、相談をする法律事務所によって料金幅が違うため、明確には存在しません。
しかし、日本弁護士連合会のアンケートでは、自己破産を行う際の弁護士費用の相場は着手金が30万円前後となっていることがほとんどです。
これに書類作成費や裁判所への手数料などの実費と成功報酬が加わって、最低でも50万近くが相場といえるでしょう。
ただし、先のアンケートでは成功報酬に関しては取らないところが半数以上を占めているため、相談する法律事務所によっては費用を節約することは可能です。
こうしたことから考えると、自己破産をする際には相談をする法律事務所の選択が最も重要となってくるといえます。
ですので、法律事務所を選ぶ時には、まず無料相談を行っている、自己破産の経験が豊富、料金設定が明確などポイントをしっかり押さえた事務所を選ぶようにしましょう。

 

債務整理の中でも破産をしなければならなくなった時に行うのが自己破産です。
一般的に債務整理と言うのは、現在の借金の額を減額し、残りの債務を一定期間の中で返済を行うと言うのが債務整理です。

 

しかし、何らかの事情により、返済が出来ない場合などでは裁判所に対し自己破産の申し立てを行い、免責が下されることで破産手続きが開始され、手続きが終わることで破産が成立すると言う流れになります。
また、自己破産は弁護士や司法書士が手続きや債権者との話し合いを行ってくれるため、弁護士、司法書士に対する報酬となる費用が必要になるのです。

 

費用には相場と言う物があるわけですが、自己破産は返済が出来ない事で債務整理の中から選び出して実行を行うため、返済能力が無いと言う事は費用を支払う能力そのものも有りません。

 

しかしながら、破産手続きが進められていく中で費用を算出して借金の整理を行って行くことが出来るため、事前に支払いを行うのではなく、自己破産の手続きを行う中で支払いが行われていくと言います。

 

一般的に、自己破産の着手における相場と言うのは20万円以内と言われています。
この相場が安いかどうかは別にし、借金が返せなくなり破産の手続きを行うわけですから普通に考えれば高額な費用が必要になるわけです。
また、過払い金が発生しており、返還が行えることで報酬として約2割ほどの費用を支払う事になるのが特徴です。
これ以外にも、破産手続きが完了する事で成功報酬を支払う事になります。

更新履歴