自己破産はギャンブルが原因でも出来る?

自己破産はギャンブルが原因でも出来る?

MENU

自己破産はギャンブルが原因でも出来る?

自己破産をすると、借金を支払わずに住むようになりますので手続きを摂りたいと考えている人は少なくありません。しかし、自己破産は利用者にとって大きなメリットが得られる一方で、貸付をしていた金融機関等には大きなダメージがいく手続きです。そのため、自己破産をするにふさわしい案件かどうかを一つ一つ調査して、問題があると判断された利用者は支払い義務がそのまま残されます。
免責が受けられない利用者として代表的なのが、ギャンブルなどの目的で借入をした人です。借り入れをするときには、特に使い道を問われることはありませんが、破産するとなると借金の原因については厳しく調査されます。ギャンブルや買物といった自分の娯楽のための借入は、必要に迫られて行ったものではありませんので悪質と判断されます。同じように、ローンの残る商品を転売したり、名義を偽って借り入れをするといった悪質な利用者も、やはり破産申立てをしてもメリットは得られません。
では、パチンコなどのギャンブルで借金をして支払えなくなった人はどうするかというと、個人再生や任意整理をするのが一般的です。個人再生は分割払いで借金の一部を払う手続きで、任意整理は利息の引き直し計算を行い、正規の利息で計算した残額を分割で支払っていくという手続きです。個人再生のほうが法的手続きであるため、かなり複雑な書類作成になりますので、専門家に依頼した場合に報酬が高額になります。